<<サイト案内 << メニューに戻る 担当:三橋

このページでは、ほかのどのコーナーにも当てはまらない話題を不定期に掲載します。重要なことはほとんどなく、むしろ、どうでもよいことばかりかもしれません。・・・でも人間ってのはムダも必要なんですよね。ヒマを持て余してる方はどうぞご覧ください。

※最上部に緑のメニューバーが表示されていない場合は
正常な閲覧のために トップページ から入りなおしてください。

[定休日] 本店:火曜日、京都伏見店:火・水曜定休(祝日は共に営業)


ときひろみお嬢さんとの癒やし旅(モーターサイクリスト誌 6月号)
2017年4月26日 送信




モーターサイクリスト誌の5月1日発売の連載「男の癒やし旅」は、モデルの「ときひろみ」ちゃんとの旅。伊豆半島の真ん中の、湯ヶ島温泉「落合楼村上」の宿泊取材だった。
ひろみちゃんは可愛いのなんのって、申し訳ないですなあ。うらやましい?・・・いやいや仕事ですから。
この国登録有形文化財の温泉宿には、建物に、食事に、そして温泉に癒やされたわけで、さらに宿のご主人が、、、どうぞ本を買って、見て読んでくださいな。
たまには奮発して高級旅館に。いいもんですなあ・・・。


ちなみに誌面では、この私が浸かっている写真はボツ。ひろみちゃんに代わってますぞ!

6月号、通販で早く読みたいなら ・・・アマゾンの通販ページへ >>

定期購読その他なら ・・・八重洲出版公式HP(通販ページ)へ >>


ところで、温泉巡りの連載をしていると、さまざまな方と知り合える。取材を終えて、1年も2年も経つのに、宿の主人といまだにおつき合いさせていただいているのも嬉しい。
そして宿以外の温泉業界の方々もしかり。昨年から連載の監修をしていただいている、温泉ソムリエ協会家元の遠間(とおま)さん。その遠間さんが筆者に著名な方々を紹介してくれるのも感謝である。
そんな感じで先日お会いしたのが、温泉ライターの巨匠、飯出敏夫さん。筆者のようなナンチャッテライターではなく、30年も温泉地を駆け巡り執筆活動をしている、それはそれは温泉に詳しいお方だ。
その飯出さんが昨年末に温泉サイトを開設した。温泉選びはそうとう参考になる内容だ。とにかく覗いてみてくださいな。

温泉達人コレクションHP ↑:私の温泉サイトのご案内宿と重複しているのを見つけると、嬉しく思う。うん、間違ってなかったのだと、、、。
※HPでいい湯と感じたら、「いい湯」を押してくださいな。




ここまで腕が落ちているとは・・・
2017年4月24日 送信


小物入れを作ろうかと、弊社工房の専門スタッフの手を借りずに自分でパターン(型紙)を作って、自らミシンを動かしてみた。そして出来上がったものは・・・

実にひどいデキである。

縫製方法や材料の選択が誤ってはいたが、それにしてもなぜこんなにひん曲がってしまうのだろうか。30年前、私が縫製を教えた工房職人に見せたら、笑うより、唖然とした顔をされてしまった。

でもご安心ください。私の縫製した製品は、皆さまのお手元には届きません。 って、冗談じゃないですよ、こんなのを渡されたら。



ほんとは、ヘルメットがすっぽり入るこのスポーツバッグのミニチュア版ができる予定だった。しかしまあ、かなり腕が落ちたものですなあ、、、もうミシンは卒業。(その前に落第)





リコねえさん、ヨロシク。
2017年4月21日 送信


本店でウエア合わせをしているのは、プロモデル兼プロ雀士兼プロレスラー兼etcで活躍している福山理子さん。「アタシさぁ、試合で足にアザつくっちゃって・・・」、おもむろにパンツのスソをまくり上げると、わっ痛そう。

さて、なぜリコさんが来店しているのかと申せば、モーターサイクリスト誌の私の温泉連載に、いっしょに行くから。GW明け、山陰の有名な温泉地の取材である。

温泉ソムリエの認定セミナーも受けたと聞く、とにかく楽しいリコさんだ。4日間のバイク温泉旅は、きっと素晴らしい誌面となるにちがいない。6月1日&7月1日発売号をどうぞご期待ください。 




「さくら・・・」
2017年4月13日 送信

男の癒やし旅取材中:伊豆湯ヶ島温泉にて

東京の桜は現在、桜吹雪状態。その散り際がまたよし。
ところで近年、桜巡りの旅には出ていない。連載の温泉巡りでまったく時間が取れず、寂しいかぎり。こんな時は、過去の桜写真で我慢する今日この頃である。

それでは、私のように桜巡りをしていない皆様にも、ニッポンの城の桜を5連発・・・どうぞ。 




青森県 弘前城




福島県会津若松 鶴ヶ城




長野県 松本城




岡山県 津山城




最後は・・・東京都 江戸城


桜巡り、来年こそ、、、





「かわいいお嬢様と・・・」
2017年4月7日 送信


4月5日、伊豆の温泉宿に私の娘よりも若い、「ときひろみ」お嬢さんと1泊。というのは連載「男の癒やし旅」の設定で、カメラマンとアシスタントもいるわけで、もちろん同じ部屋に泊まってないわけで。
連載誌面は1年ほど前からオッサンばかりだった(現在発売号も)。これではいかんと、モーターサイクリスト編集長や営業部に薦められ、若いお嬢さんの登場となった。

さて、文章を書かねば締切に間に合わなくなってしまう。でもどんなストーリーにしますかね。その前にロケ写真を見ておかなくては。おっ、豪快な湯船に、な、なんと・・・。

モーターサイクリスト6月号(5月1日発売)をご期待ください。 


まずは5月号から。通販で早く読みたいなら ・・・アマゾンの通販ページへ >>

定期購読その他なら ・・・八重洲出版公式HP(通販ページ)へ >>






メニューへ戻る >>

味なコーナー ・・・・・・



この木なんの木、気になる木?


よく目にする1987年からのマークである。そしてそのひとつひとつの文字やイラストに意味はある。しかし、それらを知る人は非常に少ない。 なぜか、、、今まで公表していなかったからにすぎない。 なぜか、、、たいした事ではないから。
でも2008年で弊社も25周年、そろそろお伝えしようかと。
PAIR SLOPE
これは社名&ブランド名。すぐ近くの「夫婦坂」を無理矢理欧文化したことはすでに知られている。どこか違う場所にショップをオープンさせたら、いったいどんな名称だったろうか。
・・・名前なんてどうでもよかったのです。要は製品勝負!
HONEST LEATHER GEARS & GOODS
この1行は1970年代に世界GPワールドチャンピオンだったコーク バリントン氏によるもの。1986年の来店時に弊社製品の印象を聞いたら「誠実な革製品!」と欧文で紙に書いて渡され、以降愛用する。
気になる“木”
なぜ木なんだろう、なんの木なんだろう、と疑問を持つ人も多かろう。それは弊社製品が、皮革やコットン等の天然素材を主体とすることに起因する。とは言っても、時は経ち、現在はライディングギアに適した高機能化学繊維も採用する。世間から言われるほどの頑固なメーカーではない。
なお、その木、ブナ科のドングリの木をイメージしている。カタチの整ったきれいなドングリは素晴らしい。そしてそこにはクワガタやカブトムシが集まる。(昔の)子供達にとってはヒーローの木だ。
It's very durable and ・・・
“我が製品は、流行に左右されず、末永く愛用できるでしょう” そんなふうなことを、カッコつけて欧文にしてみた。ただし、当時の知人経由で、日本人の英語教室の先生に依頼した文であり、ほんとうに英訳が合っているかどうかは定かでない。もし多少ちがっていても、そんなことにこだわりません。

確かにひとつひとつに意味を持つが、でもなぜ英語でなければならないのだろうか。 創業時からずっと“日本製”なのに。
そんな疑問から、近年、日本人なら誰でも読める“日本語”になりつつある。ちなみに素材までも国産を使用した自社工房製は“夫婦坂”表示。“ふうふざか”ではありません、“めおとざか”ですぞ! ・・・日本語ってのも難しいですねえ。



夫婦坂のつれづれ

Vol. 87 2017年 春の夫婦坂-1
Vol. 86 2017年 冬の夫婦坂
Vol. 85 2016年 冬の夫婦坂
Vol. 84 2016年 秋の夫婦坂
Vol. 83 2016年 夏の夫婦坂
Vol. 82 2016年 春の夫婦坂-3
Vol. 81 2016年 春の夫婦坂-2
Vol. 80 2016年 春の夫婦坂-1
Vol. 79 2016年 冬の夫婦坂
Vol. 78 2015年 冬の夫婦坂
Vol. 77 2015年 秋の夫婦坂-2
Vol. 76 2015年 秋の夫婦坂-1
Vol. 75 2015年 夏の夫婦坂
Vol. 74 2015年 春の夫婦坂-2
Vol. 73 2015年 春の夫婦坂-1
Vol. 72 2015年 初めの夫婦坂
Vol. 71 2014年 冬の夫婦坂
Vol. 70 2014年 晩秋の夫婦坂
Vol. 69 2014年 秋の夫婦坂
Vol. 68 2014年 夏の夫婦坂
Vol. 67 2014年 春の夫婦坂-2
Vol. 66 2014年 春の夫婦坂-1
Vol. 65 2014年 冬の夫婦坂
Vol. 64 2013年 秋冬の夫婦坂
Vol. 63 2013年 秋の夫婦坂
Vol. 62 2013年 夏の夫婦坂
Vol. 61 2013年 春の夫婦坂-2
Vol. 60 2013年 春の夫婦坂-1
Vol. 59 2013年 初めの夫婦坂
Vol. 58 2012年 年末の夫婦坂
Vol. 57 2012年 晩秋の夫婦坂
Vol. 56 2012年 秋の夫婦坂
Vol. 55 2012年 夏の夫婦坂-2
Vol. 54 2012年 夏の夫婦坂
Vol. 53 2012年 春の夫婦坂-2
Vol. 52 2012年 春の夫婦坂
Vol. 51 2012年 初めの夫婦坂
Vol. 50 2011年 冬の夫婦坂
Vol. 49 2011年 秋の夫婦坂-2
Vol. 48 2011年 秋の夫婦坂-1
Vol. 47 2011年 夏の夫婦坂
Vol. 46 2011年 梅雨の夫婦坂
Vol. 45 2011年春の夫婦坂-2






Vol. 44 2011年春の夫婦坂-1
Vol. 43 2011年 初めの夫婦坂
Vol. 42 2010年 秋の夫婦坂 
Vol. 41 2010年 夏の夫婦坂
Vol. 40 2010年 春の夫婦坂
Vol. 39 2010年 冬の夫婦坂
Vol. 38 2009年 年末の夫婦坂
Vol. 37 2009年 秋の夫婦坂
Vol. 36 2009年 夏の夫婦坂
Vol. 35 2009年 春~梅雨時の夫婦坂
Vol. 34 2009年 春の夫婦坂
Vol. 33 2009年 冬の夫婦坂
Vol. 32 2008年 年末の夫婦坂
Vol. 31 2008年 秋の夫婦坂
Vol. 30 2008年 夏の夫婦坂
Vol. 29 2008年 春の夫婦坂
Vol. 28 2008年 初めの夫婦坂
Vol. 27 2007年末の夫婦坂
Vol. 26 2007年秋の夫婦坂
Vol. 25 2007年夏の夫婦坂
Vol. 24 2007年春の夫婦坂
Vol. 23 2007年1月の夫婦坂
Vol. 22 「酒」の話
Vol. 21 製品カルテ 
Vol. 20 2006年HP・カタログ裏話
Vol. 19 へそ曲げたBMW 
Vol. 18 牛乳
Vol. 17 織物と虫とバイクと
Vol. 16 秘技 防水 ! 役立ちます!
Vol. 15 プロテクション!?
Vol. 14 和の追求 その1
Vol. 13 不覚の年初め
Vol. 12 ダウン vs ダウン
Vol. 11 となりのおみやげ
Vol. 10 ペアスロープ カタログを覗く
Vol. 9 夫婦坂 vs 環七
Vol. 8 夫婦坂の天敵 その2
Vol. 7 夫婦坂の天敵
Vol. 6 速報!第32回 東京MCショー
Vol. 5 夫婦坂スタッフの「隠れ家」 
       引っ越しました。
Vol. 4 夫婦坂 雑草めぐり
Vol. 3 試乗:別冊モーターサイクリスト“裏
Vol. 2 速報! 第31回 東京MCショー
Vol. 1 ホームページ・カタログ制作者の横顔

<< Back