<メニュー <製品案内 <ジーンズ

145s ストレッチジーンズ


14.5オンスの、ストレッチデニムとしては異例の厚手生地を使用し、適度な股上と太からず細からずのシルエットに仕立てた、大人に似合う上質なストレートジーンズ。バイク用に適した耐久性と強度のみならず、動きやすくて突っ張らず、長時間走り続けても疲労が少ない伸縮性が、安全なツーリングに貢献します。
ひざ下を絞らないストレートは、裾上げしてもラインが崩れず、様々なブーツと合わせられます。
画像にカーソルを乗せると後ろ側を表示します。

QUALITY 14.5オンス国産ストレッチデニム
ラベル-牛革
COLOR インディゴブルー
SIZE 30,31,32,33,34,36インチ
股下約88cm(裾上げ対応)
PRICE ¥14,500(税別)

通信販売のご案内 (代引カード払い可能)
ご注文前にこちらから在庫をご確認ください。




伸縮性があり、乗車時も散策時も疲れにくく動きやすいジーンズ…というだけではありません。
1サイズあたりの許容幅が広く、旅先で満腹になっても苦しくなりにくい利点も。(これ重要!)
そのくせ、14.5オンスと厚手なので丈夫でバタつきも起こりにくいと、弱点の少ない優等生。
裾上げは店頭ではその場で、通販は長さを決めてお送りください。送料はご負担いただきます。
また、ご家庭やリフォーム店でも、一般的なジーンズと同じように裾上げできます。
デニム生地は色落ち・移染します。淡色物との擦れや洗濯の際はご注意ください。


実際に着用した写真がこちら。プロのモデルではありません。弊社の縫製担当、50代の普通の男性です。
新品を履いた素人を撮影したため、店頭でお客様が履くのと同じ条件です。スタイルが良く見えるのが伝わるでしょうか…写真を長くしたり細くしたりはしていません。念のため。
普通の人が普通に履いて格好良く、かつ丈夫で動きやすく快適なジーンズを目指して作りました。生地も縫製も上質です。

下は普通のジーンズには厳しい、意地の悪いポーズをしたところ。厚手の生地なのにストレッチが効いているのがわかります。
サイドのステッチは、生地の縫い合わせでは最も強度の出る「巻き伏せ縫い」。通常は股などの力の掛かる部分にのみ使われ、サイドは割り縫いかインターロック(たたき縫い+ほつれ止め)が多いのですが、バイク用として万一転倒しても簡単には開かないことを重視。21ozの時は生地が厚過ぎてできなかった製法です。
裾を折り返したところ。巻き縫いは文字通り生地を巻き込んでおり、生地は4重、裁断面は内側に隠れます。割り縫いやインターロックだと裁断部分が露出しているので、お持ちのジーンズと比べてみてください。縫い方の違いはいずれ詳しいページを作ります。
内側は体への当たりを柔らかくするため、インターロックを採用。
ウエスト右にベルトループ兼用のレザーパッチ。センターは2本、一周では8本となるベルトループでずり下がりを防止。股上は乗車姿勢を考慮し、前はやや浅く・後ろをやや深くして、腹部の圧迫を軽減しつつ背中が出にくく仕上げています。ストレッチの助けもあり、お腹が気になる方もすっきり履きこなせます。
レザーパッチのアップ。牛革に焼印で、品番と「MADE IN JAPAN」。ブランド名は申し訳程度に。この他にはタブやマーク類はありません。大人向けのジーンズですから、シンプルイズスマートで。
フロントは丈夫なYKK製ファスナー仕様。ボタンフライも良い雰囲気がありますが、多くの方に使いやすい実用性を優先しています。
トップボタンはオーソドックスなドーナツタイプ。あえて装飾の無いフラットな形状とし、質実剛健な雰囲気を持たせました。
腰のポケットは深めのラインで手を入れやすい形状。内容物が落ちにくいようベルト直下に配したコインポケットには、体に当たると不快なリベットは使わず、ベルトループにも使われる閂(かんぬき)という何重にも重ね縫いする補強を使用。
バックヨーク(後ろ側の縫い合わせ部分)中心は生地が厚く重なって磨耗しやすい部分で、ほとんどのジーンズが抱える弱点。特にバイクでは上着やバッグ等の装備品で擦れやすいため、左右をずらして中心部分だけが極端に厚くならないようにしました。良く見るとユニークなバックスタイルも、量産品との違いを感じさせます。
上記バックヨークに次いで磨耗しやすい前後ポケットの角は、リベットで補強。頭が丸いので、もしシートなどに接触しても傷つけにくく、使うほどに渋味のある良い色に変色して行く楽しみも得られます。
ジーンズを引き立てる、工房手作りのベルトはこちら>>





<サイト案内 <メニュー <製品案内 <ジーンズ