<Back


左より 青藍(せいらん)、椿(つばき)、麹塵(きくじん) 上段は淡墨(うすずみ)


エリは高さのあるドッグイヤータイプ。縦2段のドットボタン式で立てて閉じることができます。 エリを開くと、裏地のタータンチェックがチラリ。表地の良さを邪魔しないよう、シックな色合いをチョイス。 袖口のボタンにより、2段階に調節できるカフス。袖口は筒状で、暑い日は開放して着ることも可能。
裾は全周ゴム入りのシャーリングで適度に腰にフィット。トラッドな着こなしが似合います。 生地全面の適度な通気性に加え、背中のパラソルテールが大型の換気口として機能。 左胸に一般的な長財布が十分に収まる深さのある内ポケット。縦型の口も広く、容易に手が入ります。
ポケットのフラップ裏側にもチェック生地をあしらう。フラップはポケットの中に収納することも可能。 左のポケットに小さな織りネーム。外側にブランド名が入る部分はここだけ。素材の良さで勝負。
【丹後橋立織り】たんごはしだており
天橋立で知られる京都北部丹後の地にて、縦糸と横糸の色を変えることで、うねりや光の加減で色味が変化する玉虫色に織り上げた生地。さらに、綾織りやツイルと呼ばれる斜めに織り目が入る織り方で、表情豊かに仕上げました。上質な綿花から紡いだコットン糸の美しい光沢と手触りもお楽しみいただけます。


<Back