こちらのページでは、普段は日常の出来事や心がホッコリするようなユル~イ話題を取り上げ送信してまいります。オートバイから随分かけ離れた(?)話題になる事もしばしば。ホッと一息つきましょう。 

店舗の日常や新しい情報をお届けしています。
ぜひ「お友だち登録」をお願いします。
友だち追加


どんな時でも、春はやってくる!
4月3日 送信


京都伏見店の中庭には紅葉の樹があります。

毎年春から晩秋の葉が落ちるまで、様々な彩で楽しませてくれます。この時期、葉の出はじめは上の画像のようなワインレッドのような深い赤。

梅雨の頃には清々しい緑へと変化し、夏にはグッと濃いダークグリーン。そして11月中旬ごろから鮮やかな赤へと色づきはじめます。

毎年、本当に毎年しっかりとそのローテーションを確実に繰り返してくれます。

至極当たり前のことなのですが、本当にもうこれは、スゴイことだと思います。ここ最近の自分の中のモヤモヤも、きれいにリセットしてくれるような植物達のたくましさ、見習いたいものです。

※春のサイトプレゼントも実施中! >>>
※「ワケあり品販売」残り僅か、こちらもどうぞ。 >>>



頼れるスゴイ奴!
3月26日 送信


この時期、バイク用ジャケットに悩むのは私だけではないでしょう。アウターには防風性能のしっかりとしたジャケットを羽織り、温度調節はインナーで微調整、そんな方も多いはず。

画像のジャケットは「DMF-25SA ライディングショートコート」。
耐水素材の表地に、専用防寒ライナーが装着できることで、ある程度の寒さには十分に対応できるのに加え、両上腕部と背面両脇にあるベンチレーションファスナーにより、日中の気温上昇時でも積極的に中の熱気を排出することができる万能ジャケット。

この時期、迷わずオススメできるジャケットの一つ。
また1年を通して、1着あると、その着用比率は確実に高くなるジャケットです。

※春のサイトプレゼントも実施中! >>>
※「ワケあり品販売」残り僅か、こちらもどうぞ。 >>>



カラーカスタムのススメ。
3月19日 送信


京都伏見店に展示してある革ジャンの存在感、ご来店いただいた方なら分かっていただけると思うのですが、色、ツヤ、革の香りに至るまで、何とも言えないオーラがあると思います。

そんな革ジャンを、更に「自分だけ仕様」にするのがカラーカスタム。一見するとハードルが高そうに思われがちですが、シンプルに考えてイメージすれば、そんなに難しいものではありません。

サイズをアジャストするように、カラーも自分好みにシミュレーションしてみるのも、大変楽しい作業となります。

革の種類によって選択できるカラーが異なるのと、革のストック状況によっても可否が分かれてきますので、ご検討の際はどうぞお気軽にお問い合わせください。

ご来店お待ちしております。

※春のサイトプレゼントも実施中! >>>
※「ワケあり品販売」残り僅か、こちらもどうぞ。 >>>



良いサイズのバッグ、入りました。
3月13日 送信


この春の新作バッグ「BB-WB」、入荷しております!
WB-1のクラシックスタイルを継承しつつ、更に使い勝手の良いサイズ感での新作バッグ。

このサイズ、この形で、本体オールレザー製のモノは、そうは見つかりません。更に本体とパイピングのカラーオーダーも可能。

どうぞご覧にお越しください。

※「ワケあり品販売」残り僅か、こちらもどうぞ。 >>>



京都伏見初のノベルティー品製作。
3月6日 送信


ふんわりと、使い込む程に柔らかく肌に優しいコットンダブルガーゼを使ったハンカチ。

京都伏見オリジナル製品、コットンガーゼマフラーに使われる、上質な綿100%ダブルガーゼ生地をハンカチに仕立てました。

和色と呼ばれる日本の伝統色は、上品で繊細な色合い。
大人の身だしなみに「美の心」を添えるものであって欲しいと願い製作しました。その色と肌触り、少量の製作となってしまいましたが、ご愛用いただけると、とてもうれしいです。

※「ワケあり品販売」残り僅か、こちらもどうぞ。 >>>



[店舗&サイト担当:自己紹介]
道継と書いて「みちつぐ」と読む。
いまだに同じ名前の人に出会ったことがない。

趣味はオートバイ、ゲーム、音楽。
音楽ジャンルはオペラから演歌まで、かなりの雑食系。テナーサックスが宝物。
魚座、三男坊、B型。


初めて就いた仕事はピアノ調律師。その後は、音楽と同じくらい大好きだったバイク業界へと進む。訳あって縁あって、ペアスロープのお世話になり、5年の年月を経て嫁さんとともに独り立ち(ふたり立ち?)。
調律師という、感覚がすべての世界でつちかった相手の考えを汲み取るコミュニケーション術で、とことんお付き合いいたします。その後のバイク業界でも大いに役立ち、今もなお、貫き通す信念。
ニッポンの伝統文化には、歳を重ねる事で初めて分かる格好よさや粋がある事に気付かされ、日本人として、この奥深きニッポンの伝統文化に触れながら、皆さんと共に素敵な大人であり続けること。
落ち着いて、ゆっくりと商品を見ることができ、ご来店いただいたお客様が癒され和む、そんな居心地の良いお店であり続けます。


ピアノ調律工具と通っていた調律学校時代の教本。随分と久しぶりに見た気がする。また機会があればぜひやってみたい。

ペアスロープ京都伏見 店主:橋本道継


 過去のよもやま話
・2020年1月~2月
・2019年11月~12月 ・2019年9月~10月
・2019年7月~8月 ・2019年5月~6月
・2019年3月~4月 ・2019年1月~2月
・2018年11月~12月 ・2018年9月~10月
・2018年7月~8月 ・2018年5月~6月
・2018年3月~4月 ・2018年1月~2月
・2017年11月~12月 ・2017年9月~10月
・2017年7月~8月 ・2017年5月~6月
・2017年3月~4月 ・2017年1月~2月
・2016年10月~12月 ・2016年9月~10月
・2016年7月~8月 ・2016年5月~6月
・2016年3月~4月 ・2016年1月~2月
・2015年11月~12月 ・2015年9月~10月
・2015年7月~8月 ・2015年5月~6月
・2015年3月~4月 ・2015年1月~2月
・2014年11月~12月 ・2014年9月~10月
・2014年7月~8月 ・2014年5月~6月
・2014年3月~4月 ・2014年1月~2月
・2013年11月~12月 ・2013年9月~10月
・2013年7月~8月 ・2013年5月~6月
・2013年3月~4月 ・2013年1月~2月
・2012年11月~12月 ・2012年9月~10月
・2012年7月~8月 ・2012年オープン~6月


・ 2012年オープン前

≪メニューへ 一番上へ≫

menu shop-info products touring menu shop-info