2016年 9月から10月までの京都伏見。


秋の新生姜。
10月31日送信

京都伏見店の裏の畑で栽培している露地物の生姜が、収穫時期を迎えました。新生姜というと初夏をイメージする人が大半だと思います。実際、市場に出ている「新生姜」も5月頃が旬とされています。しかしながらそれはハウス栽培の生姜の話。


畑で日光に当てて育てる露地物の生姜は秋が新生姜の季節なのです。
どうです、色白美人でしょう。しかもこの真っ白な新生姜は、掘り上げて2~3日で白さがくすんでしまうため、市場にほとんど出回ることはありません。露地物の新生姜を食せるのは、いわば「生産者の特権」ともいえるのです。

その露地物の新生姜をすぐに薄切りにして辛味を抜き、蜂蜜と三温糖、生姜の持つ水分だけでじっくり煮詰めて天日干しで乾燥させた「露地物新生姜の砂糖漬け」、ただいま仕上げの乾燥中です。


今週末には干し上がっていると思いますので、お買い物後のコーヒー受けに、お出しさせていただきます。甘い中にも生姜の風味をしっかり残した大人の甘味。コーヒーとの相性は抜群です。お楽しみに。



温度計。
10月24日送信

3年半ほど前に、京都市内の古家具店で衝動買いした、年代不明の温度計。精度はそこそこですが、一応現役です。とても個性的で存在感抜群のはずなのに、古いがゆえに京都伏見店の土間の古い柱とあまりに馴染みすぎて元からあったかのように誰にも気づいてもらえないので今日は光を当ててあげようと思います。

とはいえこの温度計、いったいいつ頃のものなのか、手がかりでも欲しいと思い、いろいろ調べているのですが、未だに不明のまま。摂氏(C)と華氏(F)の両方が表記されている温度計は、大正~昭和初期に多く出回った(らしい)というところまでは判明したのですが、どうにも分からないのが漢数字表記。もしかしたら日本の製品ではないのかもと思い始めつつ、まだ調査中です。

地球温暖化などという言葉が夢にも出てこない時代を生きてきた温度計。この時代に何か思うことはあるのでしょうか。。。



レコード。
10月16日送信


最近、アナログレコードが静かなブームです。
レコード盤にそっと針を落とすと、聞こえてくるのはデジタル録音とはひと味もふた味も違う、深くて温かみのある音。肌寒さを感じるこの季節にはぴったりです。

京都伏見店にも、ひっそりとレコードプレーヤーがありまして、時々、所有のレコードを引っ張り出してジャズを流しています。時々というのには理由がありまして、レコードプレーヤーにリピート機能がないので、多くのお客様にご来店いただくとレコードをひっくり返す時間がない・・・。せっかくお客様に聴いていただきたい音なのに皮肉なものです。

レコードをお持ちのお客様、ご来店の際にお持ちいただければ時間の許す限りお掛けいたします。お気に入りのレコードを聴きながらの商品選びや、カフェルームでのひとときを過ごされてはいかがでしょうか。



2輪でのご来店にご協力を!
10月7日送信


お客様にお願いです!
10月9日(日)~16日(日)までの間、地域秋祭りのためいつもの4輪駐車場が使用できません。期間中は2輪でのご来店に、どうかご協力ください。2輪は店舗前と脇に駐車可能です。また向かい側に臨時駐車場を4輪2台分のみご用意しておりますので、上の画像左の矢印部分にお停めください。

期間中4輪駐車場は2台分しかありませんので、可能な限り2輪でのご来店にどうかご協力をお願いいたします。



これからが革ジャンの出番。
9月30日送信

天候不順で思うように走れず、モヤモヤが溜まっている方も多いのではないでしょうか。京都伏見へお越しくださる方の中にも、何泊かのツーリングはキャンセルして、不意な晴れ間の日帰りツーリングを楽しむのがやっとという方が結構いらっしゃいます。

明日から10月、本格的な秋にはまだ少しかかりそうですが、週末ごとに革ジャンのお問合せが増えてきております。サイズはもちろん、オリジナルカスタム製作など、実際に製品を見て触って試着して、自分だけの素敵な1着、つくってみませんか。まずはご来店いただきお気軽にご相談ください。
G-320DKカスタム、店主橋本自慢の私物です。



今ならまだ。
9月23日送信

今季秋冬モデルも出揃い、中にはもう在庫が厳しいモデルもありますが、この週末ならほとんどのモデルで色・サイズの選択もしていただけそうです(売り違いの際はご容赦を)。

特にウィンターモデル(RT-32DW、DMF-38W)をご検討のお客様は、まだ中綿入りジャケットの季節ではないのですが、残り在庫がかなり厳しくなってきているものもあるので、どうかお早めにご検討ください。この週末がチャンスです!



小さないいもの、あります。京都伏見店 店頭限定販売!
9月16日送信

十五夜も過ぎ本格的に秋を意識し始めるようになってきました。
ここ京都伏見店でも秋の新製品もほぼ出揃い、革ジャン、ナイロンジャケット、グローブ、ブーツに小物と、東京本店と変わらずご覧いただけます。


そして京都伏見店だけの「プチがまぐち(1,300円 税別)」も入荷してまいりました。京都五条いづつ謹製 鹿革絞り染めの逸品で、「花絞り」と「竜巻絞り」の2種類それぞれに鮮やかな色をご用意しました。ご自分はもちろん、プレゼントにもいかがでしょうか。

※京都伏見店 店頭限定販売です。
 色柄や在庫のお問い合わせは京都伏見店まで。

 TEL:075-612-6982



使う人を際立たせる、名脇役。
9月9日送信

この秋新作の小物たちも続々入荷中です。
ステア牛、キップ牛、アンティークホース、コードバンと、異なる素材それぞれの個性が光ります。

実際手に取って、お持ちの財布とじっくりと比較してみてください。

※詳しくは こちら>>



秋物リリース直前。
9月7日送信

8日の秋物発売開始に向けて、準備に追われています。
大量生産はしていないペアスロープ、ご用命はお早めにどうぞ。

この秋も良い製品、揃いました。

9月8日の発売開始に合わせて、入れ替え準備中。

≪戻る

menu shop-info products menu shop-info