by H.Mitsuhashi
このページでは日常の出来事やユル〜イ話題、
そして時には本店より一足早く、製品の最新情報などをお伝えします。
どうぞ、たま〜にご覧いただければ幸いでございます。


京都伏見店は7月より不定期で営業致します
2021年5月1日

前店長の橋本君に代わって筆者三橋(みつはし)が京都伏見店のサイトを運営、そして本年7月からは店長を務めさせていただきます。
しかし店長とはいえ、しばらくの間、不定期営業で月に数日です。本店での仕事も大量にありますし、仕方がないですね。でもその数日の営業日には、特別な製品の展示販売をおこないます。見る価値、おおいにありますよ。
荷物がなければ東京〜京都往復は以前のようにバイク通勤。これもまた楽しいものです。

そうそう、2012年の京都伏見店オープンから5年間は毎月来てましたから、きっと私を覚えているお客様もおられましょう。しかしそうでないお客様に「あんた何者だ?」と思われないように、自己紹介をさせていただきます・・・




昭和30年代東京生まれの東京育ち。20代前半の職業はグラフィックデザイン。そして1983年、ペアスロープを創業。
株式会社 ペアスロープ 代表取締役:といっても小さな店舗・工房なので、製品企画・撮影・本店および京都伏見店のサイト担当・京都伏見店の店長・執筆・その他雑用、そして資金繰りと、仕事は豊富。1983年創業から縫製にもたずさわっていたが、現在は弊社職人の技術にはまったくかなわず、縫うことはジーンズのスソ上げのみ。

前店長橋本君の素晴らしい接客を目標にするも、きっと同じレベルには達しないでしょう。しかし私には強い武器があります。それはほぼ全ての製品開発をしてきた知識。どんな素材で、どこで、誰が、どのように作っているのか、いちばんよく知っているのです。

[趣味]・・・全て旅に関連
モーターサイクル:高校時代から乗り続けること半世紀近くで50万キロ超。仕事の為に乗っているわけではないけれど、製品開発にはおおいに役立っている。
鉄道:ジャンルは「乗り鉄」。特に国鉄時代の機関車・電車・気動車に興味あり。よって、弊社製品の品番は、鉄道車両関連の記号が多い(DMF、DMH、DMLなど)。鉄道は幼いころから好きなので、趣味歴はモーターサイクルを上回る。
温泉:ツーリングや鉄道旅で温泉宿を利用しているうちに好きになる。そしてついには温泉の本を2冊執筆出版することに。八重洲出版発行「究極の癒やし湯」「究極のにごり湯」。
[好きなTV番組] ブラタモリ・六角精児の呑み鉄本線 日本旅・刑事コロンボ
[愛読書] 時刻表

現在の現役愛車:スズキGSF-1200(初期型)、カワサキ ゼファー750、ハーレー スポーツスター1200、ホンダ フォルツァZ、スーパーカブ50、モンキー50。
 ・・・やはりバイクは革ジャンが似合う!
以上です。



ホームに戻る >>
ペアスロープ京都伏見
〒612-8483 京都市伏見区横大路草津町34 PHONE:075-612-6982
営業時間:AM 11:00 〜 PM 6:00 (不定休)

shop products touring blog